MENU

MURAOKA YOSHIYASU村岡 義泰

技術グループ / 2017年入社

VOICE 鉄の塊に脳を創り、
命を吹き込むのが電子設計の仕事。

従業員の画像

Q1. 入社のきっかけは何ですか?

大学では電気系を専攻していました。就職先として製造・設計業の企業を探す中で、濱田重工の「一貫したモノづくり」ができるという点に惹かれたことが入社の決め手です。0から1を創る。何もないところからモノを生み出すというわくわく感があります。就職活動中に感じた濱田重工の会社の雰囲気や人柄も、入社の決め手の一つです。入社してからも印象は変わらず、良い会社だなと思っています。

従業員の画像

Q2. 仕事の内容と、やりがいを教えてください

以前は、他部門で新設するコンベアの電気関係や制御回路の仕事の取り決めを行ってました。現在は、大分支店に異動し、新設する設備や老朽化した設備を更新する際の電気部門を担当しています。モノを作るときに機械設計はボディーの設計を行うのに対して、電気設計はそれを動かすために電源を送ったり、動かし方の回路を組んだりします。つまり、鉄の塊だったボディーに命を吹き込むのが電気設計の仕事。お客さまの考えや要望に、濱田重工だからこそできることを色々な人とやり取りをしながら形にしていくのが何よりのやりがいです。

従業員の画像

Q3. 職場はどんなところですか?

雰囲気が良い職場です。上司や先輩は相談がしやすく、親身になって接してくれます。最初は図面を読むのに苦労しましたが、過去の資料や経験をもとに丁寧にアドバイスをしてくださいました。機械設計の同期とは、異なる知見で意見を出し合うことができ、お互いを高め合うことができる関係です。技術職の同期とも新入社員研修を共にするので、異動になっても知り合いがいるというのは、安心感が大きいです。

1日の
スケジュール

01

8:30

1日のスケジュール確認

Outlookと自身の工程表で、メールとスケジュール、​To Do リストを確認し、一日の動きを確認します。

02

12:00

お昼の時間

仕事と休憩時間のメリハリをつけるよう意識しています。やるときはやる、休む時は休む。

03

13:00

現場確認

担当案件の進捗状況確認のために現場へ赴きます。施工内容に誤りはないか、何か問題は生じていないかなどを、工事業者とコミュニケーションをとり確認します。

04

17:00

終業

業務の進捗状況によっては残ることもありますが、早めに帰宅し、プライベートの時間を大切にするよう心掛けています。退勤時間が早い日は、家事を手伝ったり、次の休日の計画を立てたりします。

PRIVATE.

PRIVATE. 休日の過ごし方

入社してから、上司が色々なところに遊びに連れて行ってくれました。結婚した現在は、妻がアウトドア派なので、休日は一緒に遊びに行っています。有給休暇の取りやすさも、隠れた魅力の一つです。