MENU

SHIMA YUJI島 侑史

経理部 経理グループ / 2018年入社

VOICE 初めて決算の会計をやり遂げた時の
達成感は格別でした!

従業員の画像

Q1. 入社のきっかけは何ですか?

出身が北九州市なので地元の企業を探していました。中でも120年を超える歴史に惹かれて濱田重工に入社しました。実は、地元でありながら就職活動をはじめるまで、身近にこんな安定企業があることを知りませんでした。
内定後も採用担当者に手厚くフォローしてもらえ、先輩紹介でどんな仕事をしているか聞いたり、福利厚生について詳しく説明してもらえたりしましたので、入社前に「この会社で働きたい」と思えるようになりました。

従業員の画像

Q2. 仕事の内容と、やりがいを教えてください?

オートライフセンターと産機事業部という部門の会計担当を行っています。伝票の確認、毎月の決算業務、債権管理の資料作り、売上や収支の資料作り、株主総会関係の業務などが主な仕事です。配属されてすぐに担当業務を持つことができたので、責任感を持って仕事に取り組むことができました。
印象に残っているのは、初めて決算の会計をした時のことです。業務が多く大変でしたが、やり遂げた時の達成感は格別でした。会計の業務は会社の動きが全部記録としてわかるので、やりがいに繋がっています。

従業員の画像

Q3. 職場はどんなところですか?

どの部署の人々も優しいです。わからないことがあったらすぐに相談して解決できます。相談しやすい雰囲気が全社的にあると感じています。また「人材育成のハマダ」と社外からも評価されているだけあって、研修制度が充実しているので、経験を重ねるごとに確実にステップアップすることができます。資格取得を会社が手厚くサポートする制度もあって、私も現在勉強中です。今はまだまだ一人前とは言えませんので、業務の幅を広げていき早く頼れる先輩になりたいです。

1日の
スケジュール

01

9:00

伝票確認

始業後にあるグループミーティングが終わったら、部門から届いた伝票を確認します。伝票は会社のあらゆる取引を記録するもので、正確な記帳が求められます。伝票の金額が合っているのか正しい勘定科目が使われているかなど細かく目を通します。

02

13:00

債権管理資料作成

債権管理資料を作成します。会社にとって、売上を上げるのと同じくらい、売上金を確実に回収することは重要です。そこで、いつ、どのくらい入金されるのか資料を作成して把握します。

03

15:00

営業会議への参加

月に一度の担当部門の営業会議に参加します。会議では今月の売上・収益の報告や来月の収益予測などを話し合います。また、会議用の資料作成も私の仕事です。

04

17:00

終業

決算時期を除いて、残業しているのは、月に5日程度で、基本的には定時に退社しています。デスクワーク中心なので、退社後は運動不足解消のため、近くの公園でランニングすることが多いです。

PRIVATE.

PRIVATE. 休日の過ごし方

去年、車を買ったのでドライブを楽しんでいます。よく行く場所は温泉・・・
と言いたいところですが、スーパー銭湯が好きです。岩盤浴やジム、レストランなど充実しているので、一度行くと3時間くらいは滞在しています。その他にも、野球をしていたので、キャッチボールをしたり、バッティングセンターに行ったりすることが多いです。