MENU

お知らせ

NEWS LIST

10年を節目に指差呼称活動の課題を見直す

2017.05.10

2月1日から3ヵ月間、全社で「指差呼称活動キャンペーン」を実施しました。
日々の仕事において「指差呼称活動」に取り組んできましたが、10年経過し再検討することが目的で、一人ひとりが無災害に向けて「指差呼称ポイント」を設定し、勉強会なども実施しました。

 

キャンペーンの実施内容は、
①指差呼称に関する行動宣言の提示
②大きな声での指差呼称の実施
③指差呼称ポイント見直し活動
④指差呼称活動の原点や経緯を若手に伝える

という4項目。各部門が、ケガをしない・させない職場づくりを改めて見直す機会となりました。

 
活動の風化や形骸化の防止・教育・活動の伝承を目的に、指差呼称活動ビデオも撮影され、今後の安全・マナー活動に活用されます。引き続き安全確認を怠らず、全社で無災害を目指します。

 

HP用指差呼称活動.jpg

▲本社では「指差呼称活動に関する勉強会」が3日間に分けて行われ、合計66人が参加しました。