加治屋良二

先輩社員の声

  • 加治屋良二
  • 加治屋良二
シリコンウェハー事業部
熊本工場 技術グループ
加治屋 良二
入社年
2011年
最終学歴
鹿児島大学大学院
理工学研究科 化学生命・化学工学専攻 卒業
入社の動機・きっかけは何ですか?
濱田重工には100年を越える実績があります。事業を継続できるのは、お客様との信頼関係が成立している何よりの証拠。しかもグローバルに、多方面に事業を展開し、材料系を専攻していた私には興味深い半導体の部門もある。「ここで働きたい」という気持ちが高まりました。選考が進むにつれて職場の雰囲気も分かり、自分に合っていると感じました。
どんな仕事を担当していますか?
シリコンウェハー再生に関する品質改善やお客様対応、設備導入の対応などです。大企業とは違い、当社では受け入れから出荷まで一貫したプロセスで進めています。そのなかで業務課題を見つけ、改善できるところを選んで仕事をしています。
やりがいや魅力、おもしろいところは?
製品づくりには、さまざまな工程があります。一つの工程を極めることも大切ですが、全工程に関わるからこそ気づくことがあり、仕事のおもしろさにつながっています。一つのプロセスを点だけで見ると改善は難しいですが、私たちは点と点をつないだ線として見ることができる。それが魅力ですね。
苦労しているところ、大変なことは?
技術水準や管理基準を設定するための裏付けデータ収集では、しばしば苦労しています。テストで良好な結果が得られても、N数を増やすと異なったデータが出ることがあり、再検討が必要になります。工場は常時稼働しているので、生産への影響を少なくするため、テストプランやタイミングなど他部署との連携を取るのも大変なところです。
仕事で大切にしていること、工夫していることは?
一人でできる範囲は限られているので、必ず周囲のサポートが必要になります。しかし、ただの作業として依頼したのでは、受けた側もおもしろくありません。どうしてテストをするのか、結果はどうだったのかを伝え、コミュニケーションと情報共有を大切にしています。私たちはチームであり、個人でもある。チームとしての総合力と個人の技術力を磨き合いたいと思っています。
これからの目標、将来の抱負は何ですか?
私にしかない“色”をつくることが目標です。この分野では誰にも負けない。そんな技術を持つことで、会社から必要とされる存在になれると思います。当社には、それぞれの分野にプロフェッショナルがいます。そんな先輩たちと意見交換しながら、エキスパートを目指していきたいですね。
プライベートの過ごし方や趣味は?
休みの日は1時間程度、洗車をしています。各メーカーのコーティング材を使用し、仕上がり具合を見るのが楽しみです。仕事で洗浄工程をメインにしているので、洗車へのこだわりはもはや職業病かもしれません。また、会社の仲間と釣りにも行きます。釣れた魚は自分でさばき、家族で食卓を囲みます。子どもを連れてランチに出かけたり、旅行に行ったり、楽しみが多くて充実しています。
就職する皆さんへ アドバイス&メッセージ
一つでもいいので、自身の強みを持って就職活動をしてください。強みが伝わるエピソードを探し、うまく説明できるようになれば、結果はついてくると思います。会社が求めているのは一緒に働く仲間です。「自分なら会社のためにこんな貢献できる」とアピールすることが大切だと思います。

  • Recruit|求人のご案内
  • Download|パンフレットダウンロード
  • House organ|社内報
  • まごころ通信|Everyday of staff