瀧岡正麗

先輩社員の声

  • 瀧岡正麗
  • 瀧岡正麗
八幡支店 管理部
業務グループ
瀧岡 正麗
入社年
2012年
最終学歴
北九州市立大学 法学部 法律学科 卒業
入社の動機・きっかけは何ですか?
小学校のとき社会科で八幡製鐵所の歴史を学び、「北九州=鉄のまち」というイメージを持っていました。沖縄から北九州の大学に進学し、せっかくここに来たのだから鉄鋼の分野に進みたいと思いました。就職サイトで当社を知り、鉄鋼以外にも半導体やエンジニアリングなど幅広い事業展開に魅力を感じ、採用担当者のきめ細やかなサポートにも感銘を受けて入社を決意しました。
どんな仕事を担当していますか?
当社は大手鉄鋼メーカーの協力会社として、製鉄所で生産ラインの一部を請け負っています。私が担当しているのは、製銑プロセスに関わる付帯作業契約の営業です。見積もり、折衝、契約といった売上獲得業務から、作業要員や使用する重機・車両等の原価管理、支店運営の根幹である利益計画の策定、その他社内外調整業務など業務は多岐にわたります。
やりがいや魅力、おもしろいところは?
作業現場で働いている方々の努力を形に変えることが、私たちスタッフの役割です。そのなかで営業は、より良い契約を獲得することが大事だと思っています。お客様と作業担当者の間に立って根回しや調整を行うのは大変ですが、合意が得られて契約を結べたときには感動し、自分自身の成長も感じることができます。
苦労しているところ、大変なことは?
折衝するときに、お互いの立場や考え方の違いを埋めていくことです。当社の思いだけ伝えると一方通行になり、お客様の思いだけ受けてしまうと立場が危うくなる。改善策を提案し、折衝を重ねて着地点を見出すまでが大変ですが、そこを乗り越えることが営業のおもしろさでもあります。
仕事で大切にしていること、工夫していることは?
営業は社外の窓口として、さまざまな人と接する機会があります。自分が発する言葉は会社の意見と受け取られるため、不用意な発言は慎み、何に対してどこまで影響を及ぼすか想定して話すように気を付けています。
これからの目標、将来の抱負は何ですか?
まずは営業に必要な能力を向上し、スキルアップに努めていきたいです。現状を的確にとらえ、適切に処理する力をもっと磨きたいですね。ゆくゆくは、製鉄プロセスやその他の製鉄付帯作業、エンジニアリング部門にも関わり、さらに視野を広げて多角的なアプローチができるようになることが目標です。
プライベートの過ごし方や趣味は?
休みの日は家でゆったり過ごすことが多く、穏やかにくつろいでいます。友人や会社の同僚と食事に行ったり、川釣りに行ったりすることもあります。釣りは入社してから始め、なかなか魚は釣れませんがおもしろいです。
就職する皆さんへ アドバイス&メッセージ
就職活動中は悩みも多いと思いますが、立ち止まらずに進んでチャレンジしてください。説明会や選考会で話を聞くことで、視野が広がりよい判断ができると思います。いろいろな会社を見たうえで選んだところであれば、入社後も粘り強く頑張っていけると思います。当社の仕事の特徴は、どこの部署でも人と関わる機会が多いことです。営業はもちろん、技術や事務でも調整業務があり、人との関係性のなかで成長していける職場です。

  • Recruit|求人のご案内
  • Download|パンフレットダウンロード
  • House organ|社内報
  • まごころ通信|Everyday of staff