馬場真一

先輩社員の声

  • 馬場真一
  • 馬場真一
本社 技術部
技術グループ
馬場 真一
入社年
2011年
最終学歴
鹿児島大学大学院
理工学研究科 化学生命・化学工学専攻 卒業
入社の動機・きっかけは何ですか?
学生時代はセラミックスについて専門的に学んだので、それを活かせる仕事に就きたいと考えていました。いろいろな企業を調べたところ、濱田重工に同じ大学院出身の先輩がいることを知り、セラミックスの一種である耐火物というキーワードも目に留まりました。鉄鋼関連やエンジニアリング、半導体なども幅広く学べると思い志望しました。
どんな仕事を担当していますか?
最初は本社配属になり、2年目のときに太陽光発電の計画から実行、工事関係までを担当しました。3年目からは光支店で、お客様の製鉄所の工事に関するお手伝いをしています。
やりがいや魅力、おもしろいところは?
仕事がうまくいかなかったときは、常に記録を取るようにしています。それを次に活かせたときは、達成感がありますね。例えば納期の伝え方一つでも、誰にどう話すかによって結果は違います。小さな改善を積み重ねることで、仕事がスムーズに進むようになりました。当社は若いうちから仕事を任せてもらえる社風があり、成長のチャンスが多いことが魅力だと思います。
苦労しているところ、大変なことは?
社会人になって、職種や年齢、業務の役割、価値観など、さまざまな違いがある人と一緒に仕事をしています。そのなかで、仕事の目的や内容を伝えて納得してもらい、人を動かしていくことが一番難しいです。技術面では、大学の専門を活かす機会はほとんどありませんが、分からないことは先輩から教えてもらえますし、勉強すれば解決できるので苦労は感じません。
仕事で大切にしていること、工夫していることは?
仕事のゴールを明確にして、それぞれの段階で何をいつまでにするのかを常に意識しています。工事は計画から設備の稼働まで約半年間あるため、自分の立ち位置を見失わないことが大切です。最終的なゴールから逆算してやるべきことを細分化し、段階に応じた仕事の進め方をしています。
これからの目標、将来の抱負は何ですか?
大学院卒としての責任、周囲からの期待も感じていますので、管理職になる目標は持っています。業務では、計画段階から関わる大きなプロジェクトも担当してみたいですね。以前、やりたいことを100個書いてみたことがあって、それを1個ずつ実現していったら仕事もプライベートも楽しい人生になるのではないかと思います。
プライベートの過ごし方や趣味は?
入社してからは、技術部の皆さんとゴルフをしています。最初は気が進まなかったのですが、やってみたら意外とおもしろかったです。お客様のコンペに誘われることもあり、人の輪が広がりました。高校時代は陸上をしていたので、走ることも好きで普段はジョギングをしています。北九州マラソンには2回参加しました。
就職する皆さんへ アドバイス&メッセージ
専門分野だけにこだわらず、いろいろなことに興味を広げて話を聞いてみてください。前向きにチャレンジすれば、どんな仕事もおもしろさを発見できます。仕事というのは、本人の前向きに取り組む姿勢が成果を生むものだと思います。

  • Recruit|求人のご案内
  • Download|パンフレットダウンロード
  • House organ|社内報
  • まごころ通信|Everyday of staff