千葉ロッテマリーンズとオフィシャルスポンサー契約

2019.03.11

濱田重工は、2019年3月6日、プロ野球パ・リーグの千葉ロッテマリーンズと2019年シーズンより3年間オフィシャルスポンサー契約を締結いたしました。

 

千葉ロッテマリーンズの本拠地である「ZOZOマリンスタジアム」に、今シーズンより新たな観戦エリアとしてダグアウト上に設置された新シート(ダグアウトボックス)背面の一、三塁側両方に、弊社社名による広告を掲載するとともに、千葉ロッテマリーンズをサポートしてまいります。

 

【名称】
「濱田重工120周年記念ダグアウトボックス」

 

【ダグアウトボックスとは】
一、三塁側のダグアウト真後ろ上部にグループ席(5人席)を設置。ダグアウトにいる選手が間近でチームと一体感を味わえるグループ席で、前には防球ネットを設置し、打球対策も取られています。全席テーブル付です。

 

千葉ロッテマリーンズを訪れるプロ野球ファンのみなさまをはじめ、テレビなど各種メディアへの露出機会を増やすことで、当社の知名度やブランド向上を図ってまいります。

 

A59I2631

 

【スポンサー契約のお知らせ】

 

  • Recruit|求人のご案内
  • Download|パンフレットダウンロード
  • House organ|社内報
  • まごころ通信|Everyday of staff