君津支店の歴史の感動を分かち合う

2019.01.05

君津支店は、2018年9月に開設50周年を迎え、12月19日にエルシオンKISARAZUで、君津支店50周年記念祝賀会を実施し、125人(OB25人)が参加しました。

 

祝賀会では、中村支店長に続き、松本社長、5代目君津支店長の天野繁さんから来賓あいさつがありました。

鏡開きの後、OB会会長の音頭で乾杯が行われ、全員で親睦会をスタート。その後、ベテラン社員3人からあいさつがあり、君津支店で長年苦楽を共にした仲間との思い出話を語りました。

 

▲社長あいさつでは、社運をかけた一大事業として50年前に君津支店が開設されたこと。また君津製鉄所の下、バブル崩壊、リーマンショック、4000万トン+αなどに直面し、増産・減産など柔軟に対応し今があることに敬意を表したいと感謝の言葉が述べられました

 

▲中村支店長より、「君津製鉄所の製銑部・製鋼部50周年と共に、君津支店も発展し、この度50周年を迎えることができました。この間、幾多の困難がありましたが、ご尽力いただいた皆さまに感謝申し上げます。君津支店の歴史を受け継ぎ、次の50年、100年に向けて、誠心(まごころ)を胸に置き精進しましょう」とあいさつがありました

 

▲鏡開き後、乾杯の音頭で親睦会がスタート。次の50年への幕開けです!

 

▲君津支店OBが、鋳銑機作業を油絵にして寄贈。当時の職場がよく描かれており、共に仕事をしていた社員も壇上に上がり、思いを共有しました

 

▲仕事に熱意と誇りを持って取り組んだベテラン社員の思い出話に聞き入る会場の皆さん

 

▲記念品として製作した升で乾杯しました

  • Recruit|求人のご案内
  • Download|パンフレットダウンロード
  • House organ|社内報
  • まごころ通信|Everyday of staff