平成29年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」を宮窪栄三さん(君津支店・工事課)が受賞

2018.02.28

厚生労働省は、平成29年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」で、全国の事業所の職長141人を顕彰しました。

 

当社の君津支店・工事課の宮窪栄三職長が、「安全優良職長」に選出され、1月15日に中央合同庁舎で開催された「顕彰式典」で顕彰状を受けました。

 

宮窪さんは、新規設備の据付・既設設備の更新・改修など、さまざまな工事を担当し、安全確保や納期厳守に向けた施工計画の立案および施工を無災害で完遂していること。また、安全選任者としての経験を生かし、現在も自職場の作業者への安全指導を実践し、職場の安全意識向上に努めていることから、推薦されました。

 

長年の功労が称えられ、社外でも安全意識の高い職長と評価された証となりました。

 

p21C-4 宮窪職長

▲宮窪さんは「顕彰は、正直驚きました。これを励みに、今まで以上に作業者が安心して作業できるように、安全で円滑な作業方法を目指していくことを再認識しました」と活躍を誓いました

 

p21C-3 宮窪職長受賞式

▲全国の多くの業種から選出され、当社初の顕彰となりました

 

*安全優良省庁厚生労働大臣顕彰制度とは・・・

平成10年度から始まり、高い安全意識を持って適切な安全指導を実践してきた優秀な職長を顕彰することにより、その職長を中心とした事業場や地域における安全活動の活性化を図ることを目的に実施されています。

  • Recruit|求人のご案内
  • Download|パンフレットダウンロード
  • House organ|社内報
  • まごころ通信|Everyday of staff